漫画「孤独のグルメ」実写化

コミックと呼ぶより「漫画」もしくは、「マンガ」と呼ぶのがふさわしいと思う「孤独のグルメ」
この漫画との出会うきっかけは、いつ頃でなんだったのだろう…。思いだそうとしても思い出せず、すっかり忘れてしまっているのですが、(もしかしたら「孤独」って言葉に惹かれたのかも…)単行本を買ってから時々読み返している私にとって出会えて良かったと思える漫画のひとつです。この漫画、サラリーマンの「ひとり飯」を描いていまして、いわゆる一般的に主婦という立場の私にはそぐわない種類の漫画かもしれませんが、谷口ジローさんの描かれる緻密な作画と久住昌之さんのストーリー、良いんですわ~。 主人公の五郎さんが出会う食事、その時の感情を表に出して思わず発してしまう言葉、それから、心の中で思う声の数々、そういうことをただ描いているだけなんですが読んでいて楽しいんです!



そんなところに今回のドラマになるというニュース、驚きながらもうれしくなりました。そして、 主人公の雑貨輸入商を営む井之頭五郎(いのがし ら・ごろう)役に俳優の松重豊さん。合ってるんじゃないの!と、またまたうれしくなりまして。






似てる、っていうか似せてるのかな…(^^)
でも、久住昌之さんのブログを覗いてみたら、ドラマは漫画とは別モノと考えているらしいとの文章が。ま、いずれにしても、好きな漫画がドラマになるのは、今回は特にうれしいです。

---谷口ジロー さん作画、久住昌之さん原作のグルメマンガ「孤独のグルメ」が、 俳優の松重豊さん主演で、 12年1月4日 からテレビ東京の深夜帯でテレビドラマ化されることが19日、発表された。連続テレビドラマ初主演となる松重さんは「その(初主演)部分は、そんなに考えていないです。最初から最後まで、出ている時間が多少長いかな、いい座組みになればいいなというくらいで、特に気負いはないです」と話しつつ「こんな時間(深夜)で恐縮なんですけど、(ドラマを見て)おなかがすいて、ついちょっと防寒着て、 ラーメンでも食べに行ってしまう くらいの気持ちにしてしまって、すみません(笑い)」とドラマを PRしている。
原作は「週間SPA!」(扶桑社) で不定期連載中のマンガ。雑貨輸 入商を営む井之頭五郎(いのがし ら・ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った飲食店で食事をする姿を描く。登場する飲食店のほとんどが実在する大衆食堂で、料理に対するうんちくが披露されるわけではなく、五郎の食事シーンと心理描写を淡々とつづる。94~96年に連載され、97年に単行本化、00年に文庫化されるとジワジワと話題になり、08年には連載が復活。単行本と文庫を合わせて累計20万部のヒットとなっている。ドラマは、原作者の久住さんがシナリオに協力するほか、劇中音楽を手がける。さらに、久住さんは、ドラマの舞台となった町や店舗を訪れるコーナーにも出演する予定だ。

久住さんは、ドラマに登場する店舗について「マンガでは実在の お店をモデルにしていますが、物語はあくまでもフィクション。だから、モデルになったお店をそのまま撮影に使うのはやめてほしい、というのが映像化に際してのほぼ唯一の要望でした」とコメント。また、ドラマの見どころを 「まったく原作マンガにない話ばかりにもかかわらず、原作のイメージを尊重してくれていると思いました。マンガとは別物として、今までにないドラマになったらいいなと思います」と話している。

松重さんは、自身が演じる井之頭について「街場でおいしいものを探して最高の幸せを感じる、というのは、自分との置き換えが楽でしたね。僕も多分そういう人生を歩んだら、そういうことに幸せを感じただろうと思うので。ただ、自分に近い、となると演技になるか?というのもありますの で、どこかにエッジもきかせないと」と話しつつ「普通のドラマでは、食べるシーンというのはセリフを言うために“消えもの”をうまく咀嚼(そしゃく)するかという ゲームなのですが、これは食べること“そのもの”ですよね。そこが逆に面白いなと思っています」と 語っている。

「孤独のグルメ」は12年1月4日 から毎週水曜深夜0時43分~1時13 分にテレビ東京で放送。(毎日新聞デジタル)---


※下記サイトより引用させて頂きました。
孤独のグルメ:谷口ジローの異色グルメマンガがドラマ化 松重豊が連ドラ初主演で - (まんたんウェブ)




ところで、余談ですが、
「孤独のグルメ」を読んでから谷口ジローさんの漫画ファンになりまして、これまで下記の漫画を読んでます。いつか、これらの作品の感想を残しておきたいと思いつつ紹介のみを。
まだまだ作品はあるんですが現在まで2作品。どちらも読後に余韻の残る良作です。





「父の暦」作.谷口ジロー



「ふらり。」作.谷口ジロー


あ、女性版孤独のグルメといわれている「花のズボラ 飯」は別腹ですかね(^_^;)
でも、おもしろいですよ!

「花のズボラ飯」
原作.久住昌之 漫画.水沢悦子


そういえば、この漫画はネットの某サイトのプレゼント応募で当たって送られてきたものでした。
応募って、してみるものですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 谷口ジロー 漫画

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ