倉本 聡さんが言ったこと

以前、こんなニュース記事をみました。


倉本聰氏「これが最後」テレビ局に絶望


8月6日7時2分配信 スポーツニッポン

人気ドラマシリーズ「北の国から」などで知られる脚本家の倉本聰氏(73)が「テレビへの絶望がある」としてドラマ脚本の執筆をやめる可能性を明かした。
脚本を担当するフジテレビの10月スタートの連続ドラマ「風のガーデン」(木曜後10・00)で、舞台となる北海道・富良野で会見。「これが最後という気持ち。テレビ局が視聴率だけを考え、現場が悪くなった」と憂えた。
倉本氏は「風のガーデン」の主人公の家族が育てているという設定の庭の前で、主演の中井貴一(46)、緒形拳(71)らとともに会見。
黄色や白い花が咲く中「これが最後だなという気がした。連続ドラマはしんどいし、作っているスタッフもどんどん世代が違ってきているし…」と打ち明けた。
日本テレビ「前略おふくろ様」(1975~77年)フジテレビ「北の国から」(81~2002年)など多数のヒット作を生み出してきた脚本家の「最後かな」発言。
富良野のホテルに場所を移し再び取材陣に囲まれた倉本氏は「これが最後の連ドラになる?」との質問に「ありますね」とキッパリ。
人間の生と死をテーマにした同ドラマの執筆中に感情移入しすぎて体調を崩し精密検査を受けたことも明かした。
倉本氏は「体力的なこともあるが、テレビへの絶望というのもはっきり言ってある」と話した。
「今回のスタッフは一生懸命取り組んでくれている」と強調した上で
「かつては知恵を使って作っていたが、今は知識でものを作るようになった」と指摘。「(一緒にやってきたスタッフが)役付きになり、現場から離れ、技術や知恵が伝承されず、役者を含めて現場がものすごく悪くなった」と苦言を呈した。さらに「質は考えず、視聴率だけで評価するようになってしまった。脚本家、演出家、役者を悪くしていったのはテレビ局に責任があると思う」と怒りをあらわにした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


先週、言葉の通りの「忙しい=心を亡くす」みたいな仕事をしてて
新しいニュースをじっくり見るということは出来なかったんですが、
この記事だけは心に残ってていろいろと考えさせられました。

私は、倉本聡さんの脚本のドラマで印象深いのは「北の国から」の一番最初のシリーズ
それから、「優しい時間」でした。

【北の国から】では、妻(いしだあゆみ)の不倫で崩壊した家族が、
引越し先の富良野で新しい人間関係や体験によってその傷が癒されて
反発していた息子(吉岡秀隆)が父親(田中邦衛)と和解していく姿が描かれています。
それから、20年以上もシリーズは続いた【家族を描いた大河ドラマ】みたいなドラマです。

【優しい時間】では、妻(大竹しのぶ)を自動車事故で死なせてしまった実の息子(二宮和成)を許すことができない父親(寺尾聡)が、富良野での優しい人間関係に癒され心が変わり息子との関係が再生されていく姿が描かれていました。

どちらのドラマも、家族の崩壊、そこからの再生を描いているものです。
美しい自然の映像と登場人物たちの心の描写が心に響いてくるドラマでした。
10月からはじまる「風のガーデン」にも、期待をもてますね。

「風のガーデン」のドラマ紹介ページから抜粋すると・・・・

有名医大病院のエリート麻酔科医である白鳥貞美(中井貴一)は
その端麗なマスクと明るい性格で女性の噂にはこと欠かない。
結果、女性関係のもつれから妻を自殺に追い込んでしまい、
父・貞三(緒形拳)から勘当されてしまい、子供たちと会うことも出来なくなる。
その父と二人の子供・ルイ(黒木メイサ)、岳(神木隆之介)は富良野で、
自殺した妻が残したブリティシュガーデン(風のガーデン)を大切に育てつつ暮らしている。
そんなとき貞美(中井貴一)は自らも末期がんで死期が迫っていることを知る。
死期を意識した貞美は最後の時の過ごし方として、
7年前も遠ざかっているその富良野にもどることを考えはじめる。

--というもの。

このドラマでも、家族の崩壊と再生・・・特に父と息子の関係の断絶と再生を描いているようです。


この「風のガーデン」の発表会見で倉本さんが述べたというこの記事、

ほんとうに、面白いと思えるドラマが、少ない現実がありますよね、今。
出だしが良く、展開に期待するんだけど、
中折れしてラストがしょぼいものになってしまうドラマも多いです。
少し前の「ラストフレンズ」のように。

始まるまで楽しみにしていたのに、ひとめ見て視聴をやめるものもあります。
今現在、放送しているものでいうなら、月9「太陽と海の教室」でしょうか。
1話めの、それも途中で、リタイヤでしたから。
楽しんで見てるヒトもいるかもしれないので、これは、私の独断ですので、アシカラズ。



で、この記事で気になったことがふたつほど・・・

私自身、ドラマを見ることにおいて視聴率がいいから見ようとかは関係ないんですが、
確かに今のテレビ局は視聴率至上主義なのかもしれないですよね。
ドラマは、旬の役者さんたちや、話題のある人たちばかり起用し、
脚本はオリジナル性も無く、漫画原作のものを多くし、
一度当たったら「パート2」「パート3」と安易に作りすぎてる気もするし。
じっくり作るタイプのドラマは民放では作りにくいような気もします。
でも、企業であるテレビ局側でみると、仕事だから、少しでも高い視聴率を目指すのは
ある意味、メーカーが少しでも売れる製品を作ろうとするのと同じで、
それが業績アップに繋がるってことですよね。製品の中身は無視して。

でも、そこには、作る側の技術がなくてはならないわけで、
中身がお粗末なものは、売れなくなるということも事実です。

そんなことから、「技術や知恵が伝承されず・・・」とあるけれど、
でも、これは、テレビドラマ業界だけのことでも無いと思ったんです。
一般の手に職を持っている人たちいわゆる職人さんにも、いえることだと思います。
「後継を育てる」ことの大切さを、現場の人間は考えていかなければいけないと
私自身も仕事をしながら、切実に思う今日この頃です。

それを踏まえて、この記事でいうところの、「テレビ局に責任」って、
その現場にいた倉本さんの愚痴にも思えたりするんですが。
あなたたちは、現場にいて、「技術や知恵を伝承」しようと、若手を育てることをしてきたんですか?
と思ったりしました。


そして、もうひとつ

「かつては知恵を使って作っていたが、今は知識でものを作るようになった」

時代が変わったといえばそれまでだけど、
「知識」は、さまざまなところから情報として増える一方ですよね。
「知識」の引き出しを広げる中において
「知恵」を生かす作業が出きればいいのにね・・・と思います。
考えることの出来る人材が、欲しいです。
というか、自分も・・だけど。

根本を変えるのは難しいと思うけど、それでも、変わる努力はしなくちゃいけないと思うんです。


自分におきかえてこの記事を読んでしまったけど、
それでも、ドラマは、質が良く面白いものを・・・と願う気持ちは変わりなくあるので、
倉本さんの苦言は、テレビ局のひとたちに聞いて欲しいです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ドラマ 風のガーデン

書いてるひと

te_mi

Author:te_mi


「人生、あとどれくらい?」
「さて、さて、どれくらいでしょうね?」

そんなことを思う主婦のブログ



follow us in feedly

☆ ☆ ☆ ☆ ☆
リンク



☆このブログをリンクに追加する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ